前進する勇気をくれる音楽映画『はじまりのうた』

音楽,映画,はじまりのうた

「前進する第一歩を応援してくれる映画」、それは『はじまりのうた』。

いやあ、音楽は救いですね。

『はじまりのうた』は、清々しい青春映画です。人生、山あり谷ありとはいいますが、誰にでも「どん底だ!」と絶望を感じる瞬間ってありますよね。

そんな深い落ち込みから、前向きな方向に導いてくれる映画、それが『はじまりのうた』。この映画には、様々な音楽があふれていて、その音楽を通じて物語が展開していきます。

音楽の凄まじいパワーを味わうことで、満ち足りた幸福感を堪能し、さらには前向きにもなれちゃうこの映画。存分に楽しんでいただけるように、魅力をご紹介いたします。

[quads id=3]

「はじまりのうた」の予告動画はこちら!

「はじまりのうた」の概要を説明します

  • 2013年のアメリカ映画
  • 原題:Begin Again
  • 上映時間:104分
  • 監督、脚本はジョン・カーニー
  • 出演者は、キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、ヘイリー・スタンフェルド、アダム・レヴィーン

 

キーラ・ナイトレイ(グレタ)

音楽,映画,はじまりのうた

(ヴェネツィア国際映画祭にて(2011年))

本名:キーラ・クリスティーナ・ナイトレイ(Keira Christina Knightley)

生年月日:1985年3月26日

(引用:https://ja.wikipedia.org)

 

マーク・ラファロ(ダン)

音楽,映画,はじまりのうた

(2017年コミコン・インターナショナルにて
(2017年7月22日))

本名:Mark Ruffalo

生年月日:1967年11月22日

(引用:https://ja.wikipedia.org)

 

ヘイリー・スタインフェルド(バイオレット)

音楽,映画,はじまりのうた

(2011年、ニューヨークで開かれたナショナル・ボード・オブ・レビューガラにて)

本名:Hailee Steinfeld

生年月日:1996年12月11日

(引用:https://ja.wikipedia.org)

 

  • あらすじは「シンガーソングライターのグレタはイギリスから恋人とNYに夢を追いかけに来るも、成功していく恋人に浮気される。失意のどん底に陥りながらもひたむきに音楽に向き合うグレタの青春物語。」
  • 劇中歌『Lost Stars』が第87回アカデミー賞の歌曲賞にノミネート。

 

「はじまりのうた」を堪能するための注目ポイント3選

スターになる恋人と主人公の関係性の変化がえぐい

『はじまりのうた』は、えぐい恋愛映画とも言えます。何がえぐいって?それは、同じ夢を追いかけていたパートナーにあっさり裏切られるという衝撃的な展開が痛いくらい丁寧に描かれているからです。

キーラ・ナイトレイ演じる主人公グレタは、音楽に対してまっすぐな情熱を持っている聡明な女性。アダム・レヴィーン演じるデイヴと、共に音楽を通じて夢を追いかけるのですが、デイヴが成功するにつれて二人はすれ違ってしまいます。

恋人とのパワーバランスの崩れは、みていてなんともいえない居心地の悪さを感じさせます。しかし、どんなに関係性が変わっても、決してグレタの信念は揺るぐことがありません。彼女のその一貫した芯の強さが、この映画をより魅力的なものにしているといっても過言ではありません。

過酷な環境下においても、音楽と共に力強く前に突き進むグレタの姿に、自分の好きなことを貫く重要性が学べますね。

音楽,映画,はじまりのうた

(画像参照元:https://www.facebook.com/hajimarinouta.movie)

 それぞれが大切なものを貫くために、伴う犠牲

人間は、一つのことに突き進むには、どうしても他のことに手が回らなかったりしてしまいますよね。この映画は、登場人物たちそれぞれが、音楽に対して手段は違えど、それぞれが「本物」であろうと真摯に立ち向かっていきます。

主人公グレタは、自分自身の音楽性を決して曲げないからこそ、せっかくのアルバムを映画化に利用して大金を稼ぐ機会を犠牲にします。また、プロデューサーのダンも、自分がよいと思う音楽を大切にするあまりクビになってしまったり。一見すると社会的な成功そっちのけで、自分の信念を貫こうとする頑固さは無謀とも取れます。

しかし、この映画はそんな二人を単なる社会の落後者としては描きません。むしろ、グレタの元恋人でありスター、アダム・レヴィーンを二人と対照的に、哀愁を漂わせて描くのです。自分が伝えたいものを大衆化して、お金を稼ぐということは原形の無骨な魅力を削いでしまうことにも成りうるのだと考えさせられました。

お金や、名声や社会的地位は確かに大切ですし魅力的。ですが、やはり理想を実現することに、創造する醍醐味があるとこの映画は教えてくれます。グレタとダンの達成感に満ちた活き活きとした瞳がそれを、克明に物語ります。

音楽,映画,はじまりのうた

(画像参照元:https://www.facebook.com/hajimarinouta.movie)

 

挿入される音楽がハイクオリティ

音楽映画としても楽しめる『はじまりのうた』。最初は、絶望的に暗い歌から始まるためにはっきり言って単調でみるのに苦痛すら感じてしまうかもしれないですね。しかし、物語が進むにつれて、音楽も次第に開花し豊かな音楽性を楽しめます。

「Tell Me If You Wanna Go Home」

この曲は、心に寄り添うとても愛情深い温かい一曲。『はじまりのうた』といったらこの曲。

「LOST STARS」 Performed by 片平里奈

非常に鳥肌の立つようなやわらかく伸びやかな声質が素敵な一曲。心にしみわたります。

「Like A Fool」

グレタが元恋人に対して決別表明として突き付けた一曲。明るく可愛らしくそして切ない失恋ソング。

「Lost Stars」 Performed by アダム・レヴィーン

マルーン5のヴォーカリスト、アダム・レヴィーンの甘い声は、聴く人の心にあらゆる感情を想起させます。美しい声に癒される名曲。高らかな叫びの様なパートがなんとも言えない魅力を演出しています。

「Lost Stars」 Performed by キーラ・ナイトレイ

まっすぐに歌を好きな気持ちがぐっと込められている名曲。ごちゃごちゃしていないからこその、純度の高い本物感があります。

 

「はじまりのうた」の評判をTwitterでチェック!

https://twitter.com/vbwhcejtvmbsgm2/status/947383182474625024

まとめ

様々な状況におけるパートナーシップの在り方、パワーバランスの変化、そして自分の夢を追いかけることとそれに伴う犠牲。この映画は、単なる音楽映画にとどまらず理想を追いかけるということに伴って生じる様々な出来ことをひとつひとつ細やかに描いています。

自分の理想に燃える生き方って、過酷です。決してたやすいことではないんです。それでも、熱意溢れる素敵な生き方ですよね。この映画を通じて自分の夢を再確認することができるのではないでしょうか。とにかく、非常に熱く夢中になって楽しめる映画です。ぜひ、ご覧くださいね。

(画像参照元:https://www.facebook.com/hajimarinouta.movie)
[quads id=4]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です